ハーモニカ,ブルースハープ,神奈川県川崎市の建築設計事務所,森建築設計

快適健康環境+Design 森建築設計
住環境デザイン|快適住宅|健康住宅|建築設計事務所|神奈川県川崎市|横浜市|東京都

横浜馬車道アトリエ / 川崎等々力アトリエ

LinkIcon問合せメールを送る

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 趣味 > ハーモニカ

ハーモニカ(ブルースハープ)との出会い

そもそもハーモニカに興味を持ったのはビートルズの影響です。
曲の前奏でジョン・レノンがハーモニカを吹いている「Love me do」をご存じでしょうか?
♪ラ~ブ ラブ ミ ドゥー♪の曲ですね。

ハーモニカの種類

「Love me do」で使っていたハーモニカは「10Holes」又は「ブルース・ハープ」と呼ばれている小さなハーモニカです。穴が10個だから10Holes、小さいけど和音や3オクターブも出るんですよ。アメリカ南部の黒人がブルースを奏でる為に開発されたそうで、ブルース・ハープと呼ぶ事のほうが多いようです。長渕剛や最近では「ゆず」も使っているから知っている人もいるのでは。

ハーモニカといって多くの人が連想するのは複音ハーモニカだと思います。我々の世代では音楽の時間で教材として使っていたタイプです。同じ「ド♪」でも微妙に周波数の違う二つの音が出ようになっていて、音がうねって聞こえ間ます。日本の民謡なんかにはぴったりのハーモニカ。

ほかにもスティービー・ワンダーが使っていた「クロマティック」や協奏曲用のバスハーモニカ、などなど多くの種類があるので、興味のある方は下のリンク集をのぞいてみてください。

ハーモニカの魅力と建築について

ハーモニカの魅力は、「安い」・「小さい」・「無音階」・「哀愁感じる音」など。私にとって「無音階」の音が出せるということが最も魅力的でした。分かりますか?自分の感情を滑り台のように滑らかに表現できるということです。限定されない、縛られない、自分の好きな音が出るんですよ。

建築でも同じ、私は限定されない空間が好き。家の間取りをLDKと決め付けてしまうと発展性がなくなってきます。大きなワンルームで好きな時に好きな場所で過ごす。家族がばらばらのようですが、大きなワンルームなので家族の気配はいつも感じる。そんな家を作り続けています。

Harmonica Link

fisbana.giffisbana.gif恩師のプロハーピスト深沢剛のホームページ

hj-bt.gifhj-bt.gifハーモニカがもっと好きになる情報サイト

blow.gifblow.gifハーモニカの奏法を紹介しているハ―ピストのページ

listen.giflisten.gifハーモニカの曲が視聴できるオンライン販売サイト

aribana.gifaribana.gif最初に買ったCD。松田幸一のホームページ

tombologo.jpgtombologo.jpg日本のハーモニカメーカー
TOMBO