横須賀の家

快適健康環境+Design 森建築設計
住環境デザイン|快適住宅|健康住宅|建築設計事務所|神奈川県川崎市|横浜市|東京都

横浜馬車道アトリエ / 川崎等々力アトリエ

LinkIcon問合せメールを送る

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 住宅竣工事例 > 横須賀の家

横須賀の家

横須賀の海辺に建つ住宅です。シャビーな空間が大好きな横須賀在住の女性建築家とのコラボレーションで実現しました。2人の共同設計プロジェクトは「HAMU」というブランドで活動しています。HAMUはハムのように熟成された空間、二人の名前の頭文字であるH&Mユニットという二つの意味を重ね合わせています。LinkIconHAMU
・熱損失係数 Q値2.23W/m2K
・夏季日射取得係数 μ値0.047
・エネルギー性能 57.94GJ
・年間ランニングコスト 180000円(プロパンガス給湯器のため高め)
・木造2階建て 延床面積76.04m2

横須賀の家_外観.jpg

①敷地南側は3階建隣家があり敷地自体30度ほど振れているという敷地条件でした、真南と真北以外の方向に向く窓は雨戸などの日射遮蔽装置が無いとオーバーヒートします。海辺による強風対策もあり大窓には雨戸を設けています。

横須賀の家_階段.jpg

②内部は通風を遮ることのないよう1室空間としました。
 もちろんプライバシーも配慮して引戸等で仕切ることもでき るよう設計しています。
③階段上の天窓に向け上下の通気を促すような通気ルートで東西南北上下全ての方向から風が来ても換気可能としました

ページの先頭へ

横須賀の家_キッチン.jpg

①水平方向の通気ルートと上下方向の通気ルート
 横須賀の家は南からの豊富な日射は得ることのできない敷地でした。そこで断熱性を高めることで空調エネルギー消費量を削減できるように設計しています。夏季は東西南北上下全ての方向で通気が可能となるよう考えています。

ページの先頭へ

横須賀の家_吹抜け.jpg

②階段室上部には雨センサーを組み込んだ天窓を設けました。
南側屋根の天窓は夏場に大きな空調負荷となるため北側屋根面に設置して日射量をコントロールしながら上下圧力差による自然換気を促すよう設計しています。

ページの先頭へ


ページの先頭へ