そらまどのいえ

快適健康環境+Design 森建築設計
住環境デザイン|快適住宅|健康住宅|建築設計事務所|神奈川県川崎市|横浜市|東京都

横浜馬車道アトリエ / 川崎等々力アトリエ

LinkIcon問合せメールを送る

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 住宅竣工事例 > そらまどのいえ

そらまどのいえ

・熱損失係数 Q値2.04W/m2K
・夏季日射取得係数 μ値0.031
・エネルギー性能 50.84GJ
・年間ランニングコスト 110000円
・木造2階建て 延床面積88.61m2

そらまどのいえ_外観.jpg

①「そらまどのいえ」は南側隣地に東西に長いアパートが建っていて南からの日射と通風を得難い条件でした。そこで南側アパートの影響を受けない2階壁上部の高窓から日射と通風を得るよう考えました。都心の住宅地では2階レベルまでは隣家の影響で風があまり流れていません。ですが2階屋根上の高さには1年を通じて安定した風が流れています。その安定した風を得ながら建物内部の圧力差を利用した自然換気も促すよような高窓です。高窓の上には夏の日差しは遮り冬の日差しだけを取り入れる庇を設けています。

②建物北がは暗くなりがちです。「そらまどのいえ」では暗くなりがちな北側に駐車場と玄関までのアプローチを設けています。そこで南側からの陽ざしを北側に導きながらデザインを整える縦格子を設けました。縦格子には杉を高熱処理したエステックウッドという材を使用しいるので再塗装などは不要です。

③縦格子は南からの陽ざしを反射させてバルコニーを明るくするという効果もあります。また通風を遮ることなく風を通すという役目もあるのです。「そらまどのいえ」のバルコニーは単なる物干し場ではなく休日は家族で朝食を取るなど有効に活用できるよう な広さを確保しています。ですので北側からの視線を遮ぎるという役目もあります。

そらまどのいえ_高窓.jpg

①高窓
 南側隣地のアパートの影響を受けることなく最高と通風を得るための窓。窓の大きさは冬の日中に採光だけで部屋を暖める事のできる大きさになっています。またその高さは夏の夜間に開放しておけば放射冷却した空気を室内に溜めこんで朝方涼しい部屋とすることができる高さとしています。天井は高窓からの採光を遮る事なく、また天井面を明るく照らすために片流れの形状を採用しました。

②手前のLDKに対し階段室を挟んだ南側は子供室です。
 LDKと子供室は床高さが80cmの段差(子供室のほうが高い)となっていて、子供室の床は隣家2階より1m高い設定としました。このことにより南側アパートの屋根上を流れる通風を引き入れることができるので子供室⇔LDKの南北通風が可能となります。また80cm下がったLDKから南側子供室の窓から見えるのはアパートの屋根上の空となります。

③写真右の小窓は冷蔵庫上に位置するものです。高窓だけでは若干足りない採光量を付加し、キッチンで熱せられた熱を排熱するための窓でもあります。

環境デザインではありませんが、写真左は納戸でその上はロフトとなっています。ロフトに上がると高窓から見えるのは空だけ。お子さん達が一番好きな場所となっているようです。

ページの先頭へ

そらまどのいえ_LDK.jpg

①高窓から入った太陽光はLDK北側の壁に当たり反射して室内を照らすよう考えています。
②太陽光を遮ることなく導く片流れ天井
③通風で南北の窓はとても重要です。
 東京や神奈川の多くの卓越風(最も確立の高い風の方向)を取り込みやすいのが南北であり、風上と風下の窓を開けることで通風量が10倍になるからです。
④休日に家族で朝食もとれるバルコニーに面した窓は熱損失の弱点ともなってしまいます。また窓ガラスは表面温度が下がり不快感を与えるものとなるため2ヶ所の窓面に連続したカーテンで遮熱できるよう木枠を連続させました。デザイン上のアクセントとしても考えてます。

ページの先頭へ

そらまどのいえ_吹抜け.jpg

①高窓から入った太陽光はLDK北側の壁に当たり反射して室内を照らすよう考えています。
②太陽光を遮ることなく導く片流れ天井

ページの先頭へ

そらまどのいえ_階段.jpg

①「そらまどのいえ」平面の中央には階段を配置しました。
 階段の南側と北側で床段差を設けたスキップフロアです。
 
 踏板だけの階段は上階からの光を下階に落とし、上下の通風を可能にするものです。できるだけ開放的な印象を得るように手摺はスチール丸棒の単純な形状としました。

 階段下の小さな引戸の奥は床下収納スペースなのですが、3歳のご長男の大好きな場所となったようです。お子さん は小さな場所が大好きなんですよね。

ページの先頭へ

そらまどのいえ_リビング.jpg

①高窓の光を北側壁面で反射させて床面を照らすデザイン
②ソファースペースの通風用小窓
 夏の清涼感はただ単に窓を設けるだけでは得られません。人が居る場所を風が流れるような設計が必要です。大きすぎる窓は冬の冷輻射で体が冷えてしまうので適度な大きさの窓を設置すべきです。

ページの先頭へ

そらまどのいえ_主寝室.jpg

③2階LDK窓との南北通風が可能となる1階寝室窓
 夏季でも清涼感でクーラーは必要ありません。防犯を考慮して窓外には彩風シャッターを設けています。
②家族4人で寝ることのできるベッド台
 左手前は引き出し収納、中央は長物が収納できるよう設計しました。

ページの先頭へ


ページの先頭へ