ルーフライトハウス

快適健康環境+Design 森建築設計
住環境デザイン|快適住宅|健康住宅|建築設計事務所|神奈川県川崎市|横浜市|東京都

横浜馬車道アトリエ / 川崎等々力アトリエ

LinkIcon問合せメールを送る

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 住宅竣工事例 > ルーフライトハウス

ルーフライトハウス

・熱損失係数 Q値2.34W/m2K
・夏季日射取得係数 μ値0.041
・エネルギー性能 65.62GJ
・年間ランニングコスト 161000円(ガス給湯器とガス暖房で高め)
・木造平屋 延床面積105.09m2

ルーフライトハウス_外観.jpg

ルーフライトハウスは50歳の施主とその母親の2人の住宅です。年齢も考慮し暮らし易さから平屋となりました。外観写真では採光を遮るものはないように見 えますが実際は南側隣地の2階建て住宅と西側隣地が3mの擁壁となっていたことから平屋の窓から直射日光を得るのは難しい条件でした。
①平屋に直射日光を導くために考えた高窓です。外観写真の小さな切妻南側に高窓があります。この小さな切妻を6箇所設けました。

ルーフライトハウス_キッチン.jpg

①②
高窓から導く光は直接床に落ちるものと斜め天井に当たって反射する光となり部屋を柔らかく照らすよう設計しています。
高齢になると視力が低下するだけでなく明暗の調整も難しくなります。高窓を6箇所設けたのは部屋のどの場所も柔らかな均一の光で満たすためです。
③キッチン南東側の掃き出し窓は採光と通風、さらに窓外の屋外ダイニングスペースへのルートとなるよう考えました。

ページの先頭へ

ルーフライトハウス_LDK.jpg


高窓から導く光は直接床に落ちるものと斜め天井に当たって反射する光となり部屋を柔らかく照らすよう設計しています。
高齢になると視力が低下するだけでなく明暗の調整も難しくなります。高窓を6箇所設けたのは部屋のどの場所も柔らかな均一の光で満たすためです。
②犬が玄関側へ行くのを防止する引戸です。特殊な納まりにして床レールを無くしました。

ページの先頭へ

ルーフライトハウス_寝室.jpg

フラットな中に3角形の堀込を設けたLDKの天井とは対照的に、寝室天井は小さな切妻屋根の形状そのままの勾配天井としました。
①南側高窓から入った光を北側壁面で反射させて均一 な光に調整して部屋を照らすよう設計しています。
②地窓
 南北通気のため、また夏季には冷たい風を取り込むことが可能です。極力エアコンは使わず寝られるよ うに古くから伝わる先人の知恵を再現しました。

ページの先頭へ


ページの先頭へ