横浜の二世帯住宅 Copy of 森建築設計

快適健康環境+Design 森建築設計
住環境デザイン|快適住宅|健康住宅|建築設計事務所|神奈川県川崎市|横浜市|東京都

横浜馬車道アトリエ / 川崎等々力アトリエ

LinkIcon問合せメールを送る

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 住宅竣工事例 > 横浜の二世帯住宅 Copy

横浜の二世帯住宅

・熱損失係数 Q値2.00W/m2K
・夏季日射取得係数 μ値0.034
・エネルギー性能 親世帯:50.84GJ、子世帯:47.26GJ
・年間ランニングコスト 親世帯:84000円、子世帯:97000円
・木造2階建て 延床面積127.31m2

横浜の二世帯住宅_外観.jpg

外観写真左の平屋部分が親世帯、2階建て部分が子世帯の二世帯住宅です。
①自然エネルギーを有効活用するための基本は冬の陽ざしを部屋の深くまで導き、夏の陽ざしは部屋に入らないよう制御することです。各窓の上には日差しを制御するための庇を設けています。
④窓を開けて風を入れようとしても正面に壁があっては通風効果は半減してしまいます。道路境 界の塀を隙間のある横板張りとすることで、ほどよく視線を遮りながら通風効果を高めるデザインとしました。

横浜の二世帯住宅_リビング.jpg

②窓の大きさは日射だけで部屋を暖かく保つこと ができるよう計算で決定し、部屋の奥まで採光が届くよう考えています。
③1階LDKから2階廊下につながる吹抜けは空間的な広がりや上下の連続性だけでなく有効な換気を得るための通風ルートでもあります。

ページの先頭へ

横浜の二世帯住宅_吹抜け.jpg

①吹抜け上部は斜め天井となっています。上下の連続性と2階廊下の閉塞感を無くし風の流れを意識したデザインです。
②2階廊下は勉強・書斎スペースです。机に座った時に流れる風の清涼感を得ることができるよう設計しました。

ページの先頭へ

横浜の二世帯住宅_子供室.JPG

③2階子供室の中央の床は吹抜け上部の位置で斜め床としました。環境デザイン的には南が窓からの採光を反射させて北側のロフトへ導く意味があり、子供室の滑り台ともなる遊び心のあるデザインです。
④2階ロフト天井には天窓を2ヶ所設けました。雨センサーがあるので夏は常時開放して上下圧力差による高い換気効果があります。

ページの先頭へ

横浜の二世帯住宅_キッチン.jpg

①南北通風の小窓、キッチン排熱用の窓でもあります。
②写真奥のキッチンから手前のダイニングテーブルまで1枚板で特注したカウンター。キッチン部とダイニング部のカウンター高さが違うため床に段差を設けて1枚カウンターとしています。キッチン背面(リビング側)の側面にはブックスタンドを設けています。

ページの先頭へ


ページの先頭へ