気密性能と換気の関係、神奈川県川崎市の設計事務所

快適健康環境+Design 森建築設計
住環境デザイン|快適住宅|健康住宅|建築設計事務所|神奈川県川崎市|横浜市|東京都

横浜馬車道アトリエ / 川崎等々力アトリエ

LinkIcon問合せメールを送る

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

快適で、健康で、省エネで、デザインされた「住宅」「賃貸住宅」なら神奈川県川崎市の設計事務所、森建築設計へ
住宅計画をお持ちの方は、まず最初に森建築設計との相性診断へお進みください。LinkIcon相性診断スタート
2016年 新スタッフ2名を加えて業務開始しました!! LinkIconスタッフブログ始めました

気密性能と換気量の関係

気密と換気.gif

換気に無関心な建築家は健康にも無関心!!

住宅内の空気を健全な状態に保つために換気はとても重要です。平成15年に義務化された24時間換気はシックハウス原因物質や二酸化炭素等を屋外に排出して室内の空気を健全な状態に保つためのものです。高気密にすると息苦しいというようなまったく非論理的で単なる感覚的な発言をする建築家や工務店が多いので気密性能と換気量の関係を解説しておきます。

気密は冬季に必要なもので夏季には必要ありません。夏期は内外温度差が小さいので気密性能が低くても確実な換気が可能ですし、窓を開けて通風もしていますよね。窓を開けて過ごす時期に気密は不要なのです。
問題は冬季です。冬季において室内外温度の関係から暖かい空気が上階に上昇する圧力が高まり上階の給気口から新鮮空気が入らないという問題が生じます。また気密性能が低いと換気扇近くの隙間から空気が出入りするショートサイクルを起こして計画換気できないという換気不良が生じるのです。換気不良とは室内空気が汚染されていくということを意味しています。上の表は気密性能と換気量を測定した結果を示しています。気密性能C値1.0cm2/m2の気密性能の住宅でも計画的に設置した給気口からは50%の換気量しか給気されていない、残り50%は建物の隙間から入っているということが分かっています。
東京や神奈川など比較的温暖な地域では気密性能C値2.0cm2/m2以上(理想的には1.0cm2/m2以上)が必要です。気密性能の低い住宅を作っているのならば給気と排気の両方に換気扇を設置する第一種換気とするべきなのです。気密に無関心な建築家は健康にも無関心なので注意が必要です。また気密に無関心な建築家は断熱材施設監理にも無関心なので設計された断熱性能を確保できない傾向がとても強いので注意が必要です。

ページの先頭へ