賃貸住宅,デザイナーズ賃貸,一級建築士事務所 感共ラボの森

賃貸住宅

賃貸住宅の新常識

賃貸市場は厳しいものとなっていて、普通の物件を作っただけでは競争力がなく契約率が低下するか賃料を下げざる負えない状況となっています。人口減少傾向が続くなか、なんらかの付加価値を付けて競争力を高めることが重要です。

私は次の流れで賃貸住宅を計画・設計し、周辺相場の1割5分~2割り増しの賃貸料でも満室となるような成果をあげてきました。今後は中古アパートの改築でもお手伝いしていきたいと考えています。ハウスメーカーの賃貸住宅とはまったく違うアプローチで、魅力的で長期間競争力を維持できる提案をいたします。どうぞお気軽にご相談ください。

賃貸住宅計画の流れ

1.計画敷地周辺のマーケティング調査を行い、メインターゲット層を割り出す。
2.付近の賃貸相場から想定賃貸料を設定する。
3.10年ごとの修繕費用や空室率を考慮した投資額(総工事費)を割り出す。
4.将来的に競争力を維持できる計画を立案する。

LinkIcon4軒の賃貸長屋「sora」ムービー

賃貸住宅ギャラリー

HP用外観写真1.jpg4軒の賃貸住宅群

HP用室内写真.jpg4軒の賃貸住宅群

HP用外観写真2.jpg4軒の賃貸住宅群

HP用浴室写真.jpg4軒の賃貸住宅群

_AWA0011.jpg4軒の賃貸長屋(sora)

_AWA0054.jpg4軒の賃貸長屋(sora)

_AWA0238.jpg4軒の賃貸長屋(sora)

_AWA0192.jpg4軒の賃貸長屋(sora)

_AWA0199.jpg

_AWA0087_1.jpg4軒の賃貸長屋(sora)

_AWA0149.jpg4軒の賃貸長屋(sora)

HP用外観写真.jpg木造アパートの大規模リノベ

HP用室内写真.jpg木造アパートの大規模リノベ

HP用賃貸緑.jpg路地のような賃貸住宅

HP用賃貸青.jpg路地のような賃貸住宅

HP用賃貸A.jpg鳥小屋ルーム

HP用賃貸B.jpg大収納の賃貸ルーム